2010年04月23日

アルパイン、宇佐美専務が社長に就任(レスポンス)

アルパインは22日、宇佐美徹専務が社長に就任する人事を内定したと発表した。6月下旬開催の定時株主総会とその後の取締役会で正式に就任する。

石黒征三社長は代表権を持つ会長に就任する。経営層の若返りとともに、代表取締役を2人体制とし、経営のスピードアップと企業体質の強化を図る。

宇佐美氏は東京電機大学卒業後、1974年にアルプス電気に入社、1991年にアルパインの第一国際部長、2004年に取締役、2008年に常務、2009年に専務に就任した。59歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
日本板硝子、元デュポン副社長が社長就任へ
トヨタ、小澤専務が代表権を持つ副社長に昇格
フォーミュラ・ニッポン JRP 新社長…中嶋会長と再タッグ
アルパイン 特別編集

78歳女性、自宅で殺害 頭に傷、バッグなくなる 山口(産経新聞)
橋下新党発足 目指すは「大阪都」(スポーツ報知)
始皇帝も驚く“日本のハリウッド” 恐るべし!!太秦(産経新聞)
仕分け対象の独法決定=47法人、151事業−刷新会議(時事通信)
<2人重傷>入院中の母刺した後自殺図る?東京の病院内(毎日新聞)
posted by ヨコウチ コトブキ at 19:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。