2010年03月27日

JR西歴代3社長、強制起訴へ 神戸第1検審が起訴議決(産経新聞)

 兵庫県尼崎市で平成17年4月、乗客106人が死亡したJR福知山線脱線事故で、神戸第1検察審査会は26日、業務上過失致死傷罪で遺族から刑事告訴され、嫌疑不十分で不起訴となったJR西日本の井手正敬元相談役(74)ら歴代3社長について、起訴すべきだと議決した。審査会の議決に法的拘束力をもたせた改正検察審査会法に基づき、今後、裁判所が指定する弁護士が検察官役となって3社長を強制起訴する。昨年5月の同法施行以降、起訴議決が出たのは明石歩道橋事故に続き全国2件目。

 他に議決の対象となったのは、事故当時それぞれ会長、社長だった南谷昌二郎(68)、垣内剛(65)の両氏。事故をめぐっては、すでに神戸地検が山崎正夫前社長(66)を業務上過失致死傷罪で在宅起訴しており、JR西は昭和62年の創業以来の歴代社長6人のうち、4人が起訴される極めて異例の事態となる。

 神戸地検は昨年7月、事故現場が急カーブに付け替えられた際に鉄道本部長だった山崎前社長のみを「事故防止のために自動列車停止装置(ATS)を整備することを怠った」として在宅起訴。一方で井手元相談役ら3人については「安全対策を山崎前社長に委任していた」と不起訴処分とした。これを不服とした遺族らの申し立てを受けた同審査会は10月、起訴相当と議決。しかし地検が12月に改めて不起訴としたため、遺族や地検の検事から意見聴取するなど再審査を進めていた。

 改正検審法は、市民からくじで選ばれた審査員11人中8人以上が再審査で「起訴すべきだ」と判断した場合、指定弁護士が強制起訴すると規定。神戸第2検察審査会が1月27日に全国初の起訴議決を出した明石歩道橋事故では、指定弁護士3人が元副署長(63)の強制起訴へ向けた準備を進めている。

【関連記事】
JR西の元専務が遺族らに謝罪 4・25ネットワークの例会で
「日勤教育」でJR西の賠償確定 最高裁
ベアリング破損が原因か 山陽新幹線のぞみ破損 
「条件整わないうちに作業」…JR西の作業員死亡事故、運輸安全委が調査報告
「問題抱える会社」と社長 尼崎脱線事故でJR西の倫理委が初会合

週刊誌報道を陳謝=閣僚辞任は否定−中井洽氏(時事通信)
<センバツ>向陽…伝統の左腕擁した古豪 OB前に堂々復活(毎日新聞)
<日米密約>谷内前次官の招致、自民が難色(毎日新聞)
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か−京都・舞鶴(時事通信)
将来的に有事の核持ち込み容認も…岡田外相(読売新聞)
posted by ヨコウチ コトブキ at 01:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

<雑記帳>「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)

 「リカちゃん人形」を生んだ玩具メーカー「タカラ」(現タカラトミー)創業者の佐藤安太さん(86)が母校の山形大工学部大学院を21日に修了する。「工学博士号取得世界最高齢」とギネスブックに申請した。

 「経営の経験を生かしたい」と3年前、ものづくり技術経営学専攻に入学。一代で会社を築いた経験と、おもちゃを作れる人間を育てたノウハウを、教育工学で理論化、自己育成法の論文にした。

 4月から山形大などの教壇に立つ予定。大学で実感した「競争意識の少ない学生」を「国際社会の中で立ち向かい、たくましく自分を育て活躍する人」に着せ替えることができるか。【近藤隆志】

【関連ニュース】
雑記帳:ギネス挑戦、巨大モザイク画…京都
ブルース・ウィリス:ギネス認定のバーチャルバンド「ゴリラズ」のPVで謎の男を熱演
杉山愛:世界の技を伝授するテニスレッスン番組 WOWOWで6日から放送
ロンブー・淳:「次は主人公に」とアピール 劇場版「遊☆戯☆王」舞台あいさつに登場
注目映画紹介:「遊☆戯☆王 超融合!時空を越えた絆」 ロンブー淳が“最凶の敵”に

低気圧、日本海を北東へ=海や山は大荒れ−気象庁(時事通信)
秋篠宮家 眞子さま佳子さま卒業(毎日新聞)
鳩山邦夫氏 新党は「いばらの道」(産経新聞)
<小沢幹事長>副幹事長職を慰留、生方氏が了承(毎日新聞)
<大洋薬品工業>配合量誤り業務停止へ 岐阜県が方針固める(毎日新聞)
posted by ヨコウチ コトブキ at 13:28| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

<北九州・発砲>工藤会会長宅を捜索 (毎日新聞)

 福岡県警は17日、北九州市小倉北区熊谷の指定暴力団工藤会の野村悟会長宅などに、詐欺容疑などで家宅捜索に入った。同市小倉南区南方で15日夜、工藤会の追放運動を進めている同区自治総連合会役員(75)宅に銃弾が撃ち込まれる事件が発生。県警は追放運動への威嚇目的で同会が関与した可能性を視野に置き捜査を進めており、工藤会関連施設に強制捜査に入ることで対決姿勢を鮮明にした。

 野村会長宅には17日午前、機動隊員が会長宅の周辺を盾を持って警戒する中、県警の捜査員が入った。容疑は組員によるカード詐欺事件とみられ、工藤会の組織的な関与が疑われると判断、捜索に踏み切った模様だ。

【関連ニュース】
融資金詐欺:コシ社長に実刑 東京地裁判決
神奈川歯科大:補助金75%減額 巨額投資巡る詐欺事件で
雑記帳:愛媛県警が着うた 振り込め詐欺「騙されん音頭」
公金横領:詐取2000万円か 元学校職員再逮捕 名古屋
ETC悪用:「反応しない。手動精算を」高速料金ごまかす

<普天間移設>「日米交渉は岡田氏が主役」防衛相(毎日新聞)
エコで長持ち 家庭用LED電球 寿命は白熱電球40個分…売り上げ好調(産経新聞)
愛子さま、終業式の日にご登校(産経新聞)
<掘り出しニュース>酒気帯び運転容疑者、パワーショベルで逮捕(毎日新聞)
鶴岡八幡宮 大銀杏を植え直し 幹を切断、根の再生に期待(毎日新聞)
posted by ヨコウチ コトブキ at 17:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。